ひざサポートコラーゲンで痛み改善

中高齢者の悩みのタネのひとつでもある「膝の痛み」。

若い頃は全く気にならないものですが、やはり40歳を超えると少しずつ違和感を覚えるようになったという人はたくさんいるはずです。

例えばちょっとした曲げ伸ばしで違和感を感じるようになった、膝で踏ん張るときに少し痛みを感じる・・・などです。

病院まで行くほどひどくはないけど、日々の生活で少しづつ補っていくために発売されたのが「ひざサポートコラーゲン」です。

臨床試験徹底解説を参考にひざサポートコラーゲンについて調べました。

【機能性表示食品】

ひざサポートコラーゲンの魅力は、安全性や効果にすぐれた「機能性表示食品」として消費者庁の認可を受けていることです。

膝関節の動きを助ける機能について化学的根拠に基づいた臨床試験によって証明されているため、「膝の動きがスムーズになった」「痛みが和らいだ」と実感するような効果が期待されています。

あくまでも機能性表示食品であって医薬品ではありませんので、治癒や予防を目的とするものではありません。

【主な成分】

ひざサポートコラーゲンの主な成分はコラーゲンペプチド・ヒアルロン酸・コンドロイチンです。

コラーゲンペプチドは文字通りコラーゲンを分子化したもので、普通のコラーゲンよりも体内に吸収されやすくなっています。

ヒアルロン酸は関節液に、コンドロイチンは軟骨に効くといわれています。

この3つの成分は、魚の皮や手羽先・ネバネバした野菜など食品に含まれていますが、毎日摂取することは大変です。

ひざサポートコラーゲンを摂取することにより3つの成分を効率よく取り入れることができるのです。