ひざサポートコラーゲンの対象年齢

Posted by admin01 on 2017年3月10日 under ひざサポートコラーゲンの適正年齢 | Comments are off for this article

ひざサポートコラーゲンは膝関節が気になる40代以降が主な購買層となりますが、それより若い年代の人が摂取しても問題はないのでしょうか。

【どの年齢層も摂取可能】

体内のコラーゲンは、20代の頃と比べ50代になるとその半分以下になってしまいます。

加齢とともに減少する成分ですので、膝関節が気になる40代以降から摂取する人が最も多いといえます。

ですが、それよりも若い年代の人が摂取するのはどうでしょうか。

例えば、子供の頃からスポーツをやっていて、膝関節に負担をかける生活を続けている人は加齢の他にも物理的な軟骨のすり減りで、同年代の人と比べて膝の痛みなどを感じやすくなるでしょう。

この場合は20~30代で補助的にひざサポートコラーゲンを摂取しても何ら問題はありません。

【年齢に関わらず注意したいこと】

どの年齢層でも摂取は可能ですが、逆にどの年齢層でも注意したいことがあります。

摂取後、まれにじんましんや下痢や吐き気などの症状が現れる場合があります。

その際はすぐに摂取をやめて医師の診察を受けましょう。

コラーゲンは食品ですのでアレルギー反応が出る人がいるのです。

コラーゲンそのもののアレルギーというより、たんぱく質にアレルギーがある人がそれに反応するようです。

また、コラーゲン由来の動物(豚肉など)にアレルギー反応が出る人もいますので、摂取の際には注意書きを読んで自分が該当しないかを確かめてからにしましょう。

Comments are closed.